カードローンの総量規制外とは「年収に左右されない」カードのこと!

カードローンの総量規制外(正式には総量規制対象外)とは簡単に言えば「年収に左右されずにお金を借りれること」です。

 

元々、カードローンには総量規制と言う法律があり、年収の3分の1以上のお金を貸金業者は貸してはいけないというルールがあるんです。

 

主な貸金業者

 

・消費者金融
・クレジットカード会社
・信販会社(ローン会社) など

 

つまりこれらの業者からお金をキャッシングしようとする場合、通常は年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。

 

ですが、これでは家や車などの高額な商品を購入する時に誰もローンを組めなくなってしまいますよね?

 

そこで登場するのが総量規制外という考え方なんです。

総量規制外で知っておいて欲しい3つの条件

総量規制外となるお金の借り方には色々とありますが、ここではカードローン審査と直接関係のある主な項目だけ紹介します。

 

銀行からお金を借りる場合
家やマンション、車のローンを利用する場合
借り換えや1本化を利用する場合

 

これらの条件でお金を借りる場合は、総量規制外となり年収の3分の1以上のお金を借りることが出来ます。

 

その中でも特に大切なのが、銀行が発行するカードローンも総量規制外になる点!

 

この銀行が発行するカードローンを申し込めば、あなたも年収の3分の1以上のお金を借りることが可能になるんです。

 

結論から言えば、消費者金融からお金を借りるよりも、総量規制外である銀行カードローンからお金を借りた方が賢いと言えます。

 

消費者金融の場合は年収の3分の1以上は借りることが出来ませんが、銀行ならそれ以上のお金をカードローンで借りれる可能性があるということです。

 

なのであなたもキャッシングをする時は総量規制外である銀行カードローンを選ぶようにして下さいね!

総量規制外のカードローン審査に通るためのポイントは3つ

総量規制外のカードローン審査に通るためのポイントとしては次の3つです。

 

収入証明書を用意する
勤続年数は長い方が絶対に有利
利用目的ははっきりと伝える

 

1.収入証明書を用意する

収入証明書をあらかじめ用意しておく事は、全てのカードローン審査に共通して非常に強力な審査対策の1つになっています。

 

最近ではほとんどのカードローンが収入証明書不要を謳っていますが、実際には収入証明書を用意して審査を申し込んだ方が審査も通りやすくなります。

 

あらかじめ2か月分の収入証明書を用意しておくと、あなたが審査に通る可能性もかなり高くなると言えます。

 

2.勤続年数は長い方が絶対に有利

また勤続年数も1日でも長い方が審査に有利になりやすいです。3年以上働いていたら審査条件としてはかなり良い方向に動きます。

 

もしあなたが何か2つ以上の仕事を掛け持ちしている場合には、勤続年数が長い方を申告するようにしましょう。

 

それと勤務期間が半年未満の場合は、勤続年数が短い事を理由に審査に通らない可能性もあるので注意が必要です。

 

3.利用目的ははっきりと伝える

3つ目に大切なのがカードローンを使う「利用目的」をはっきりと伝えることです。

 

生活費に使いたいのであれば恥ずかしがらずに生活費と伝えるべきですし、借金の1本化や金利の借り換え目的であればそれもはっきりと伝えるべきです。

 

カードローン側では「利用目的がはっきりとしない人は積極的に貸したくない」という気持ちがあるので、利用目的ははっきりと正直に伝えましょう。

総量規制外だけどあえて限度額を低くすることも有効

今紹介した総量規制外カードローンの審査対策の他に有効なのが「限度額を低くして審査を申し込む」という方法です。

 

実は大抵のカードローン審査では利用するカードの限度額を低く設定して審査を申し込んだ方が、審査に通りやすくなるんです。

 

特にカードローンの申し込みページにデカデカと書かれてある「限度額最大800万円」などの広告文には騙されないことが大切。

 

そんな大金をたった1日でポンッと貸してくれるほど銀行も甘くはありません。

 

現実的な数字としては限度額は「20万円以下」に設定して審査を申し込むのがおすすめです。

 

ぜひ審査の時は限度額を低めに設定して申し込むようにして下さいね。

総量規制外のカードローンは審査が甘い訳ではない点に注意!

最後に総量規制外のカードローン審査について1つ注意点をお伝えします。

 

それは「総量規制外のカードローンは審査が甘い訳ではない」ということです。

 

確かに年収の3分の1以上のお金を借りることが出来るのが総量規制外カードローンの良い所です。ですがそれは「審査が甘い」という事にはつながりません。

 

特にましてや銀行が発行するカードローンなので、消費者金融系のカードローンと比較しても、審査はやや厳しめになる可能性があると言えます。

 

「お金が多めに借りれる=審査が甘い」

 

という構図には決してならないことを覚えておいて下さいね。

 

賢くお金を借りて、今のあなたの窮地を脱出しましょう!

カードローンと総量規制外の審査とは何か?分かりすい3つのポイント!記事一覧

カードローンに審査を申し込む時、一般的に言われているのは年収が高い方が有利勤務年数が長い方が有利借金が少ない方が有利こういったことが言われていますが、実はどれも答えとしては不十分。あなたが審査の時に本当に大切にしないといけない事は、「今現在の年収から計算して、いくらまでなら借りれるのか?」と言うことなんです。なぜそんな事が言えるのか?それは、消費者金融を含む多くのカードローンでは、あなたに貸せる金...