カードローンの審査は「年収」よりも「限度額」が大切!

カードローン審査には色々な審査基準や項目があると言われていますが、主な審査基準としては以下のようなものが有名です。

 

  • 年齢
  • 性別
  • 年収
  • 住所(賃貸か持ち家か)
  • 家族構成(独身か既婚か)
  • 勤務先(上場企業か否か)
  • 職務(アルバイトか正社員か)
  • 過去の返済履歴
  • 現在の借金の合計
  • 希望の限度額

 

これらの項目を総合的に判断した上で、あなたに対して融資可能かどうかを判断していると言われています。

 

ちなみに、これだけある審査項目の中で一番審査結果に大きな影響を与えるのは何かわかりますか?

 

実は「年収」ではなく「限度額」がカードローン審査で一番重要な審査項目になっているんです!

 

意外と知られていない事ですが、実はカードローン審査で即効性が高く、すぐにプラス評価につなげられるのは「希望の限度額」をいくらに設定するかだと言われています。

なぜ「希望の限度額」がカードローン審査において重要なのか?

確かにカードローン審査では「年収」や「勤務先」と言った情報も重要です。

 

もちろんパートよりも正社員の方が審査も有利になりやすいですし、年収が高ければ高いほど審査も有利になる事は言うまでありません。

 

ですが、こんな項目、今すぐどうにかごまかせる様な問題ではありませんよね?

 

実際問題として、正社員の方が審査が有利になるからと言って、お金を借りる為に正社員になる事が出来たら誰も苦労はしません。

 

また「過去の返済履歴」や「現在の借入状況」「家族構成」なども同じ理由で、今すぐ改善できるような問題ではありませんよね。

 

ですが、「希望の限度額」だけに関しては、あなたが今すぐ変更する事が出来る上、カードローン側も非常に重要視している大きな審査項目の一つだと認めているくらい、非常に重要な審査項目だと言えるのです!

「希望の限度額」は高すぎると審査に落ちてしまう!

これはあまり知られてはいない事実ですが、希望の限度額を50万円以上の高すぎる金額に設定してカードローン審査を申し込んでしまうと、まず間違いなく審査に落とされてしまうと言われています。

 

これはあなたの返済能力に対して借入金額が高すぎる為、「返済計画の立てられない人」としてカードローン側が判断しているからだと言われています。

 

消費者金融やカードローンもビジネスでお金を貸しているので、貸し倒れだけは絶対に避けたいと考えるのが普通です。

 

そこへ年収50万円の人に対して、いきなり無条件・無担保で200万円や300万円と言った年収を大きく上回る大金など絶対に貸すことが出来ません。

 

こんな話、あなたも落ち着いて考えてみればすぐに分かりますよね。

 

ただ、実際問題として、いざお金に困ってしまうとついつい焦りが出てしまって、「借りれるだけ借りてしまいたい」と言う焦りが冷静な判断を狂わせ、自分の年収以上の金額を希望の限度額にして申告してしまうケースが後を絶たないのです。

 

なので、確実にお金を借りたい時こそ冷静に慎重になって「確実に返せる金額」を入力する事が、カードローン審査に通過するためのポイントになるのです。

具体的にいくらに設定すればカードローン審査で有利になれるのか?

最後に「希望の限度額」をいくらに設定すれば、カードローン審査に有利になれるのかと言う話ですが、一番のおすすめは初回審査では10万円に設定して審査を申し込むのが確実です。

 

たった10万円ぽっちかよ。とあなたは思うかもしれませんね。思うかもしれませんが、実はこれくらい低い限度額にした方がカードローン審査に確実に通りやすくなるんです。

 

それに最近のカードローンの多くは、一度審査に通ってしまえば後日何度でも増額審査を申し込む事が出来るので、あまり初回審査の限度額は関係ありません。

 

むしろ初回審査で限度額を10万円程度の低い金額に設定し、審査に通過してから増額審査で50万円を希望した方が、希望通りの限度額になりやすかったりするんです。

 

意外かもしれませんが、カードローンなどの金融審査と言うのは、一度借りた経験のある人や返済履歴がしっかりしている人の方がお金を貸す傾向にあるんです。

 

まずは騙されたと思って、ぜひ希望の限度額を聞かれた時は10万円と申告してみて下さい。そっちの方がきっとすぐ近くの未来が明るくなると思いますよ。

カードローン審査で最も重要な項目とは?記事一覧

カードローンはある一定の時期に審査が緩くなる時期があります。月末や決算期が狙い目新規獲得に積極的借りる理由と返済計画を明確にこれらの時期を狙って審査を申し込むと、あなたの審査条件は変わらなくても、カードローン側の審査が緩くなる可能性が出てくるんです。カードローンと言っても、結局は人が人にお金を貸すビジネス。つまり、営業ノルマや達成目標がある以上、決算期や月末が近づくほど、新規顧客の獲得に躍起になる...

「カードローン審査に落ちてしまった…」「年収の低さが審査落ちの原因なんじゃ…」もしあなたがそんな不安を抱えているのなら安心して下さい。実はカードローン審査において「年収の高さ」というのはそこまで重要な審査項目ではないんです。今紹介したとおり、カードローンの審査は年収が低いパートやアルバイトの人でもちゃんと審査に通ります。もちろん、審査条件としては「安定した収入が十分なあること」なんですが、実はそれ...

「年収がしっかりあるのに審査に落ちる…」「正社員で給料もあるのに審査に落ちる…」もしあなたがこんな疑問を感じているのであれば、審査落ちの原因は年収の低さ以外にあるのかもしれません。基本的にカードローンの審査では、消費者金融系なら年収100万円以上、銀行カードローンなら年収200万円以上が、審査での年収目安だと言われています。年収条件を満たしているにもかかわらず、あなたが審査に落ち続けているのであれ...

「審査がなんか不安…」「パートだけど大丈夫?」「自営業でも審査に通るの?」もしあなたがこんな不安を感じていても大丈夫。基本的にカードローンの審査は「安定した収入が十分にある」と判断されれば、あなたが返せるお金をしっかり貸してくれます。とは言え、実際のところは職業や雇用形態がカードローン審査にどれだけの影響を与えるのか?審査結果の口コミやアンケートを取って、実際に調べてみたので、ぜひチェックして下さ...

一般的に、カードローンの審査では借入件数が多いほど審査も不利になりやすいと言われています。ですが、それは正しくありません。実はカードローンの審査というのは、借入件数の多い少ないで決まるのではなく、あなたの収入バランスによって決まるんです。もちろん、借入件数の多さも審査に影響を与えることはありますが、返済実績がしっかりしていれば問題ありません。今から紹介する借入件数のポイントをしっかりとチェックして...