カードローン審査でもっとも大切なのは「過去の返済履歴」

「年収がしっかりあるのに審査に落ちる…」
「正社員で給料もあるのに審査に落ちる…」

 

もしあなたがこんな疑問を感じているのであれば、審査落ちの原因は年収の低さ以外にあるのかもしれません。

 

基本的にカードローンの審査では、消費者金融系なら年収100万円以上、銀行カードローンなら年収200万円以上が、審査での年収目安だと言われています。

 

年収条件を満たしているにもかかわらず、あなたが審査に落ち続けているのであれば、それは「過去の返済履歴」に問題がある可能性が高いです。

 

カードローン審査に限らず、すべての金融審査では、年収の高さだけでなく過去の返済履歴を基準にして審査を進めていると言われています。

 

これを読めば、あなたがなぜ審査に落ち続けているかの原因が見えてくるかと思います。

 

ぜひしっかりと読み続けていって下さいね。

 

 

どんな返済履歴が審査に影響を与えているのか?

ひとくちに「返済履歴」と言っても、色々な返済履歴があります。

 

基本的にカードローン審査では、CICやJICCと呼ばれる信用情報機関の情報を元にして、あなたの過去の返済履歴をチェックしていると言われています。

 

信用情報機関とは?
あなたが過去に「いつ・いくら・どこで」利用しているかをまとめている情報機関。金融審査を申し込むと、必ず何らかしらの信用情報機関に個人情報が登録されていると言われています。

 

ちなみに、信用情報機関で確認できる返済履歴には次のようなものがあります。

 

  • 他社カードローン
  • クレジットカード
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 携帯の分割代金
  • 家具や家電のローン
  • その他、分割ローン全て

 

基本的に「○○ローン」「分割払い」と名が付くものは、すべて信用情報で登録されていると思って間違いありません。

 

これらの返済履歴は過去2年間記録に残されていますが、この時の支払履歴で延滞や滞納が多いと、審査に落ちる可能性が高くなります。

 

ちなみにこれら信用情報機関に登録されている内容は、各ホームページで手続きをすれば、あなたの個人情報を請求開示することができます。

 

手数料に1000円ほど掛かってしまいますが、もし興味があればぜひ取得されてみることをおすすめします。

 

ガスや水道料金はカードローン審査に影響を与えない?

信用情報関連のなかで、良くある質問としてあるのが「ガスや水道料金の滞納は審査に影響があるの?」という質問です。

 

結論から言えば、次に紹介する項目を滞納していても、信用情報機関に内容が登録されている可能性は低いと言えます。

 

滞納をしても信用情報機関に載らない情報

  • 健康保険料
  • 生命保険料
  • 家賃(賃貸に住んでいる場合)
  • ガス
  • 水道
  • 電気

 

これらの内容で滞納や延滞を起こしていたとしても、基本的には信用情報には載らないと思って大丈夫です。

 

あくまで信用情報機関は、融資関連の審査を進めるときに使われるのであって、公共料金や保険商品の履歴を紹介するものではないからです。

 

ただし、一部の例外として、これらの料金をクレジットカード払いに選択している場合は話が別。

 

クレジットカードの返済履歴は信用情報機関に掲載されるので、もし保険料や公共料金をクレジットカードで払っているなら注意しましょう。

 

 

カードローン審査なら3か月分の返済履歴はキレイに!

「クレジットカードで支払い忘れがあるんだけど…」
「信用情報で少しでもキズがあったらダメなの?」

 

ここまで読んだあなたは、もしかしたらこんな事を思って不安になっているかもしれませんね。

 

ですが、安心して下さい。

 

カードローン審査に限って話をすれば、多少の延滞や滞納履歴があったとしても審査に通ることは可能です。

 

あくまで審査と言うのは、あなたの年収や職業、返済履歴などの情報を総合的に判断して行うものだからです。

 

特に、1度や2度の延滞や支払忘れくらいであれば、何も心配する必要はありません。

 

カードローン審査において、返済履歴が原因で落ちてしまうのは、滞納や延滞を頻繁に起こしているか、長期的な滞納をしているケースに限られるのがほとんどだからです。

 

もし、今現在もカードローン審査に落ち続けているのであれば、まずは最低でも3カ月間は新規の審査を控えて、他社の支払いをキレイな状態を保ってから審査を申し込むことをおすすめします。

 

こうするだけで、これまでと違った審査結果になることが意外と多いので、ぜひ試してみて下さいね!

 

関連ページ

審査が緩くなるカードローンの時期について
カードローンには審査が緩くなる時期が存在します。その時期を狙えば、あなたもカードローンの審査により通りやすくなると言えます。カードローンには営業やノルマの都合上、どうしても審査が甘くなる時があるので、その時が狙い目ですよ!
カードローンの審査で年収はどこまで大切なのか?
もしあなたがカードローンの審査で年収の低さを心配しているのなら大丈夫!実はカードローンの審査において「年収の高さ」はそこまで重要ではありません。まずはこれを読んで審査の目安年収とそれ以外の対策をしっかりとチェックして下さいね!
カードローン審査で職業や雇用形態はどんな影響を与えるのか?
職業や雇用形態がカードローン審査にどんな影響を与えるのか調べてみました。基本的にカードローン審査では「安定した収入がある人」を対象にしています。そのため収入力のある職業や、雇用が安定している状態が審査も有利になりやすいと言われています。
カードローンの審査で借入件数は何件あると落ちるのか?
カードローンの審査で借入件数が多いことを不安に感じる必要はありません。今時はクレジットカードを複数枚持っているのは当たり前の時代。これを読めばあなたもカードローン審査と借入件数の関係が分かりますよ。