総量規制対象外の審査は決して甘くはない

結論から言えば、総量規制対象外のカードローン審査は決して甘くはありません。

 

と言うのも、総量規制対象外のカードローンは、基本的に銀行しか発行することができないから。

 

総量規制対象外のカードローンは銀行だけ

 

基本的に消費者金融は「貸金業法」という法律を守っているため、年収の3分の1以上は貸せない決まりになっています(総量規制)。

 

それに対して銀行は「銀行法」という法律を守っているので、あなたの年収の3分の1以上のお金を借りることができるんです(総量規制対象外)。

 

こういったお互いが守っている法律が違うために、銀行だけが総量規制対象外のカードローンになれるんです。

 

ですが、銀行がカードローンを発行している以上、消費者金融よりも審査基準が厳しいケースが多いのが現実です。

 

 

なぜ銀行は審査が厳しい傾向にあるのか?

総量規制対象外のカードローンを発行できる銀行カードローンですが、なぜ銀行のカードローンは審査が厳しい傾向にあるのか?

 

それは、銀行が個人向けのカードローンの歴史が浅く、まだ貸金業としてのノウハウが足りていないからなんです。

 

また銀行側としては、消費者金融よりも属性の良いお客さんを取り囲みたいという思惑があり、審査を厳しく設定していることも多いです。

 

それに対して、消費者金融はフリーターやアルバイトに対しても融資に積極的です。

 

これは、消費者金融は今までの貸金業のノウハウがあることと、年収の3分の1までしか貸せない為に、審査の対象を引き下げるしか生き残れる道がなかったことなどが原因と考えられます。

 

カードローン審査を申し込むときはあなたの属性に応じて審査するのがおすすめ

 

現状としてはあなたが会社員や公務員であれば「銀行カードローン」をおすすめしますし、パートやフリーターであれば「消費者金融」をおすすめします。

実は銀行こそがカードローンでお金を借りて欲しい

ただ、最近は銀行カードローン側も審査条件を日々引き下げている傾向があるんです。

 

と言うのも、マイナス金利の発令、イギリスのEU離脱、ネットバンクの活性化など、数々の金融イベントの影響で、銀行の金利が限りなくゼロに近づいてしまったため。

 

そのため、銀行の主な収益源であった

  • 住宅ローン
  • ATM手数料

 

これら2つの収益が数年前と比べても大幅に減少していることからも、銀行がいかに苦しい状況にいるのかが分かります。

 

その収入源を補てんするためにも、実は銀行としてもカードローンでお金を借りて欲しいと本音では思っているんです。

 

実際、地方銀行などはそのほとんどが赤字経営の状態で、今慌てて地銀もカードローンを発行している状態。

 

またメガバンクも、審査基準やサービス内容を見直し、消費者金融よりもより良い条件で借りれるように日々改善を行っています。

 

要はそれだけ銀行側も焦っているのが現状なんです。

 

審査基準が日々見直されている銀行カードローン

今お話ししたことを簡単にまとめると

 

  1. 審査基準はまだ消費者金融よりは厳しい
  2. ただ、銀行側も収入源で苦しんでいる
  3. だから本音ではお金を借りて欲しい

 

こういった思惑が銀行側にはあると言えます。

 

そういう意味では、メガバンクにはまだ余裕があるかもしれませんが、地方銀行には余裕がほぼありません。

 

つまり、銀行カードローンの審査で狙い目なのは、実は地方銀行のカードローンだとも言えるのです。

 

地方銀行のカードローンは、メガバンクレベルで金利が低いのに、審査基準は消費者金融レベルというのが意外と多いです。

 

口座開設が条件のところも多いですが、銀行側の事情を踏まえると、そういった条件もそのうち緩和されることはほぼ間違いありません。

 

審査基準や条件が日々見直されている、銀行カードローンに今こそ審査を申し込んでみて下さい。

 

今までお金を貸してくれなかった銀行も、あなたに泣きついてくる未来もそう遠くはないかもしれませんよ。