学生がカードローン審査に通るには次の3つの条件が大切!

 

「今月お金がなくてピンチだ…」
「飲み会やサークル費用が払えない…」

 

学生だって大学の勉強だけでなく、アルバイトやサークル活動と忙しいですよね。

 

ただ、毎月のアルバイト代だけではどうしても足りず、親の仕送りも少ない状態だと、カードローンを使いたいって時もあったり…。

 

実は最近のカードローンは学生でも安心して借りれるように低金利に設定されていて、毎月の返済もムリなく支払える金額になったんです。

 

特に大手のカードローンは女子大生も安心して利用できるととても評判で、無理なく支払いができるカードローンも沢山登場するようになりました。

 

とは言え、大学生がカードローン審査を申込んで、本当に審査に通過できるか不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は大学生でも安心してカードローン審査に通る為の方法について解説したいと思います。

学生がカードローン審査に通る為には!

 

毎月のバイト代が8万円以上ある
クレカや携帯の支払いで延滞がない
学生OKのカードローンを選ぶ!

大学生がカードローン審査に通るためには、今紹介した3つの条件をクリアすることがとても大切です。

 

基本的にカードローンやキャッシングなどの金融審査では、「今現在の」あなたの返済能力をシビアにみてくるため、将来性を踏まえた融資額は絶対に提供してくれません。

 

そのため、たとえ内定が決まっていたとしても、融資額の決定はあなたの今現在の年収でカードローンの限度額が決定する仕組みになっています。

 

逆に言えば、直近のアルバイト収入だけ多く見せるため、カードローン審査を申し込む直前にだけバイトのシフトに多めに入るなどの対策はとても有効だと言うこと!

 

これを読めば、大学生のあなたでも安心してカードローン審査に通るためのコツやポイントがバッチリ分かるので、しっかりとチェックして下さいね!

 

 

 

奨学金の返済が残っていてもカードローン審査には通ります!

 

「奨学金が残ってるんだけど審査に通るかな?」
「合宿免許の分割代金が残ってるんだけど審査に通る?」

 

カードローンを検討する大学生からはこういった質問が多く寄せられるのですが、結論から言えば問題ありません。

 

奨学金や合宿免許の費用などは、どこから借りたかにもよりますが、基本的には総量規制の対象外として計算されることが多いからです。

総量規制の対象外とは?

 

通常、カードローン審査などでは年収の3分の1以上のお金をキャッシングすることはできません。

 

ですが、国や銀行などから融資を受けたお金などは、年収の3分の1に含めた借金としては計算しないという、例外的な借金のことを総量規制対象外と呼びます。

 

詳しくは「総量規制」についてのページをチェックして下さい。

つまり、大学費用のために借りた奨学金などは、大半は総量規制対象外として計算されるため、カードローン審査にも特に影響は与えないと言えます。

 

一方、合宿免許の費用に関しては、どこからお金を借りたかによって判断が分かれる部分となります。

 

もしジャックスなどの信販会社から合宿費用の分割ローンを組んでいる場合は、これらの金額は借金として計算されてしまう可能性が高いです。

 

ただその一方で、毎月の返済額にそこまで大きな負担がなさそうだと判断した場合は、カードローン審査に通るケースもあるので、この辺りは実際に審査を申し込んでみないと正確なことは分かりません。

 

もしあなたが今すぐ審査に通るのか気になるのであれば、プロミスのお試し診断を利用してみて下さい。

 

プロミスのお試し診断を利用すれば、あなたが今すぐ審査に通るかすぐに調べてくれるのでとてもおすすめですよ!

 

 

 

 

学生のあなたがカードローン審査に通る為に必要なこと!

 

それでは、学生のあなたがカードローン審査に通るためにできる対策として一体どんなものがあるのか?順番に解説して行きたいと思います。

 

これからお話することは、どれも審査対策としてすごく有効なものですが、審査に必ず通ることを保証するものではありません。

 

ですが、どれもカードローン審査を申し込む上ではとても大切な項目なので、しっかり目を通して全部実践して下さいね!

 

1.直前のアルバイト代を8万円以上に増やす

 

まずカードローン審査で最も重要になるのが「安定した収入が毎月発生しているか?」という点です。

 

具体的にはカードローン審査の場合、年収が100万円以上あるかないかが一つの審査基準となることが多いです。(月8万円×12か月で約96万円!)

 

そのため、直近のアルバイト代が8万円の給与明細があれば、年収として100万円近くはあるとカード会社側に判断してもらいやすくなるんです。

 

そのため、もしあなたがアルバイト代が少ないと感じている場合には、その月だけ頑張ってシフトに入ってアルバイト代を稼ぐと言う方法が意外と審査対策としては効果を発揮します。

 

もちろん、借り過ぎてしまうとその後が大変になってしまうので、希望する限度額は少なくとも30万円以内に抑えておくことも忘れないようにして下さい。

 

 

 

2.クレカや携帯の支払いで延滞がない

 

カードローン審査で次に重要なのが「毎月の返済履歴に問題はないか?」という点です。

 

通常、キャッシングなどの金融審査では「収入力」と「返済能力」の2つをチェックして、カードローンの発行の是非や限度額を決定します。

 

そのため、過去2年間のクレジットカードの支払履歴や、携帯電話の分割代金の支払履歴をチェックして、あなたが過去に大きな滞納や延滞を起こしていないかを確認してから、カードローンの融資判断が行われているのです。

 

つまり、今現在もクレジットカードや携帯電話の分割代金で滞納や延滞をしていなければ、あなたもカードローン審査に通る可能性が高いということ!

 

逆に支払い関係で何か心当たりがある場合には、さきに支払い関係の問題を解決してからカードローン審査を申し込んだ方が審査結果も確実なものになりやすいです。

 

 

 

3.学生OKのカードローンを選ぶ!

 

最後の審査対策として重要なのが「学生もOKのカードローンを選ぶ」と言う点です。

 

実は銀行などの一部のカードローンは学生からの申込みを断っているケースがあるんです。

 

もちろん、学生であることを申告せずにフリーターとして申し込むことも可能です。(おすすめはしませんが…)

 

基本的に銀行カードローンは学生の審査申込には対応していないので、消費者金融系のカードローンを申し込むことになります。

 

ちなみに、大手の消費者金融であれば、銀行カードローンレベルの対応品質の良さなので、返済などで困ったことがあっても安心して対応の相談ができます。

 

なかでもプロミスは電話対応の品質がとてもよく、返済の相談に就いても気軽にできると2chなどでも評判になっています。

 

もしあなたがどこのカードローンを申し込むか悩んでいるのなら、30日間無利息のあるプロミスがとてもおすすめですよ!

 

 

 

 

プロミスなら無利息期間終了後も低金利で借りれる!

 

大学生がカードローンを借りると言うのは、あくまで最終手段であり、本当にお金に困ったとき限定の方法だと思って下さい。

 

ただ、どうしてもお金が必要なシーンと言うのは、若い時ほど訪れるので、学生時代の一生の思い出の一つをカードローンで購入するのも悪い方法では無いと思います。

 

そんな時、プロミスを利用すれば最大30日間までなら無利息でキャッシングできるので、短期間の借入や一時的な借入にはとても相性が良いです。

 

しかも30日間の無利息期間が終了したあとでも、プロミスのポイントサービスに入ることで、無利息キャッシングを何度でも利用することができるんです。

 

また、プロミスの通常時の金利も年率4.5%〜17.8%と低金利に設定されており、10万円を年率17.8%で1年間借りた時の1か月の利息は約1483円で済むので、利息も安く安心です。

 

万が一返済に困った月があっても、プロミスなら電話対応がとても丁寧で安心できるので、女性にもおすすめです。

 

他にもプロミスなら2000円分の三井住友プリペイドカードが貰えるなどの特典があるので、きっとあなたもプロミスを利用して良かったと満足すること間違いありませんよ!

 

 

※30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

関連ページ

カードローン審査で新卒が通るために必要なこと!
カードローンの審査は新卒のあなたでも通るチャンスは十分あります。基本的にカードローンなどのキャッシング審査は勤務年数が短いと不利になりがち。だからこそ今から紹介する3つの対策を利用して、あなたが今すぐ審査に通るための対策を練りましょう!
専業主婦が通るカードローンならみずほ銀行がおすすめ!
もしあなたが専業主婦で、今すぐキャッシングをしたいと考えているならみずほ銀行カードローンがとてもおすすめ!みずほ銀行カードローンなら夫に十分な収入があることを条件に、お金を貸してくれるので安心ですよ!
自営業でもカードローン審査に通ることはできるの?